スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム製作日誌[工房システム50%]

大体はんぶんくらいできた

ScreenShot_2013_0802_19_14_42.png
左に表示された思想を上下スクロールで選択したのち、
右に表示された技術を上下スクロールで選択する流れ、(右側は未完成)


で、やっぱり飽きてきた。飽き性だからね、しょうがないね。

いったん置いておいて、別の事しよっと。

あとこれ完成したらシェアウェアにするとか言ってたけど、フリーにするよ。
テンション上がって「シェアウェアだぜ!」とか言ってただけなんだ・・・
(あとフリーの方が制約なくて出来ること多そうだし)

これからも、ゆっくりつくっていくよ!
スポンサーサイト

ゲーム製作日誌[進める順序メモ]

だんだん複雑になってきたので
いきあたりばったりだとヤバイと感じ、紙に、作る項目を書き始める事に。

fc2blog_201307241423584f4.jpg
以上の内容を可変DBに登録完了。

--進行メモ、これからすべきこと

・システムテスト用に
「思想」 「技術」を10個 作る。
(これらはメモ張で、きちんと管理すること)

・「スキル」を3つ 作る。

・「種類」を5つ 作る。

・製作画面のウィンドウ を作る。

・製品ステータス表示画面のウィンドウ を作る。

・種類表示用のアイコンを 5個作る。

・euda の小さい文字アイコンを作る。

・euda の大きいアイコンを作る。

・「思想」「技術」の取得コモンを作る。

-------------------
準備も大掛かりになってきた、心が折れないように頑張ろう。

ゲーム製作日誌[アトリエ系ゲームを目指して]

現在製作中のこのゲームのジャンルは、
世に言う「アトリエ系」になります。

アトリエ系というのは、
素材を集めて、アイテムを作って、お店を盛り立てて行く。
という感じのゲームですが、

このゲームもそういったゲームの進め方になります。

進め方は「アトリエ系」
ですが、ほんの少しだけ、他のアトリエ系ゲームと趣が違う部分があります。
それは、


プレイヤーは、一切素材集めをしない。
それどころか、アイテムを調合したりクラフティングしたりも、しない。

レシピをみながらアイテムを作ったり、新発明をしたりすることもありません。



ではプレイヤーは、ゲーム内で何をしていくのか。


fc2blog_201307230044079c6.jpg


プレイヤーは街を散策したり、人に出会ったりすることで、
さまざまな「思想(考え方)」や「技術」に興味を抱いていきます。

プレイヤーは
興味を持った「技術」に、「思想」を盛り込むことで、新しい「新製品」を作っていきます。

といっても、「技術」には当然技術力が必要になってきますから
「思想」や「技術」に興味を持っていく中で、その「技術」の「専門家」と知り合い、
協力を得ていく必要も出てきます。

つまり、「思想」と「技術」への興味から、プロダクトデザインをしていき、
「専門家」の手を経て作られた「新製品」で店を盛り立てて行くわけですね。


「興味」が重要な要素になってくるわけですが、
人間、すべてのものに興味を持つってのは無くて、
なんらかの傾向があるものです。それについてもゲーム内に盛り込んでいくつもりですが、
その話はまた今度にしようと思います。

----
次は、これらを形にするための、
「工房システム(仮)」を作っていきます。
…絶対難航するゾ

( ・ω・)ノでは

ゲーム製作日誌[辞典メニューできました]



fc2blog_2013072300130741a.jpg

fc2blog_201307230009078b5.jpg

で、こうなりました。

ScreenShot_2013_0722_23_58_24.png
右ウィンドウは、実際の本を写真で取り込んで、加工したものです。

覚え書きを見ながら辞典を引く、って感じのイメージですね。

----

次の作業は、ゲームのメインのひとつ「工房システム(仮)」を進めていきたいと思います。

ゲーム製作日誌[自作メニュー(辞典編)]

ゲーム内で、プレイヤーは、
多くの人物や場所、出来事に接することになります。

辞典を確認することで、
それらについて確認しなおしたり、更に詳しく知ったりすることが出来る。という
よくある辞典的なシステムを組み込みます。

前回言った、全セーブデータ共有化は、なんとか出来たっぽいので、
実際にプレイヤーが操作するUI部分を作っていきました。

fc2blog_201307212253494ce.jpg

自作メニューの作成はRPGツクール2000で、少しだけ触れたことがあるので、何とかなると思います。









awb.png


・・・・だ、大丈夫、いけるって!

コモン初自作メニュー

あ゙ー、も゙う脳みそ出ちゃいそう!!!

ScreenShot_2013_0721_22_50_27.png

辞典画面を開くと
ザッと、アンロックしている人物名が左に並びます
未取得の所には未取得と表示されます。

右画面には、現在カーソルが示している人物についての情報が書かれます。

決定キーを押すと、左部分に、そのキャラの画像が表示されます。
そのまま上下にカーソルを動かすとキャラの画像も切り替わります。

(ノウハウが無いので、スクロールする方法を考えるのが必死でした><)

人物辞典には、各キャラ事にレベルがあり、
より深く人物に触れると辞典の内容が詳細に書かれるようになります。
最高レベルの情報が書き込まれると、右画面下には★マークが表示されるようにしてあります。

そして、左右キーで、人物/用語辞典の切り替えができます。
-------------------
次の作業は、

今はメッセージウインドウを広げて画面に表示していますが、
もうすこし、何かの方法で色気をつけてあげていこうと思います。

( ・ω・)ノでは
プロフィール

Author:阿刀田 阿子

twitter
カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。